ご意見紹介 - カテゴリートップ - トップページ

当会に寄せられたご意見(2014年3月〜4月)

2014年3月〜4月の間に頂きましたご意見投稿の中から、投稿者が「公開しても構わない」として送信してきたものについて、一部ここで紹介させていただきます。

なお、今回ここで掲載させて頂きました投稿には、当会より
青字で返信コメントを付けさせて頂いております

女性専用車両反対派の方からのメッセージ

●性別:男性
貴会の活動については、YouTubeで拝見させて頂きました。 私も、女性専用車両には基本的に反対の立場です。女性専用車両の設置が、鉄道会社の小手先の対策である事、警察のやる気のなさを表す施策だという事は、明らかだと思います。 鉄道会社や警察が、データを公表しないことからも、それが証明してると思います。 私の意見ですが、もし女性専用車両を存在させたいのなら、追加料金を徴収させるべきだと思っています。 特別なサービスを受けるのですから、それぐらいなされるべきであり、それがなされないのであれば、廃止して頂かないと男性としては割に合いません。 それと、貴会の活動についてですが、駅員の暴言等に対し、大人しすぎではないでしょうか? 駅員の暴言等は、立派な鉄道営業法違反であり、貴会は告訴すべきだと思います。

鉄道営業法第24条 鉄道係員職務取扱中旅客若ハ公衆ニ対シ失行アリタルトキハ三十円以下ノ罰金又ハ科料ニ処ス

この文言に関して、自分は警察から「受け取ったほうが失行に当たると思ったら、告訴できる」との言質を取ってます。 ただ、駅員に対し抗議するだけではなく、鉄道側の犯罪と思われる行為には、毅然とした対応を取るべきだと思います。 そうすれば、鉄道会社側も対応を変えてくると思います。 最後になりますが、貴会の活動を応援しています。

※当会に応援のメッセージを頂き、ありがとうございます。
女性専用車両の設置は、鉄道会社の小手先の対策というよりも、どちらかというと某政党・政治家のごり押しの結果と言ったほうが近いと思います。各都市の地下鉄は市議会などからの某政党による圧力が非常に大きかったですし、また、関東の鉄道事業者の多くは、ラッシュ時の混雑悪化や安全確保などの問題から導入を渋っていたものの、当時の国土交通省が強力に働きかけて、結果、関東のほとんどの鉄道事業者が2005年に一斉に女性専用車を行う羽目になりました(その時の国土交通大臣が、やはりその某政党の人間でした)

「女性専用車を存続させたいのなら、追加料金を取るべき」とのことでご意見を頂きましたが、実は2003年(=まだ女性専用車実施路線がごく限られていた頃)の、国土交通省が出した報告書で、これは否定されています。
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha03/15/151209/02.pdf

報告書を見るとお分かり頂けるかと思いますが、当時の国土交通省は、「女性専用車に追加料金を取るべき」といった意見のほか、「男性専用車も作るべき」・「女性専用車以外の方法で対策せよ」といった意見が出ることを予測し、それに先回りするかのように最初から否定していたのです。つまり、「追加料金や男性専用車併設などの発想がなかった」 というわけではなく、そういう意見は最初から、「意図的に無視するつもりだった」 ということです。
(報告書の中では、「国土交通省が意見を聞くために集めた人の声」ということになっていますが、これは国交省が「自分たちが言ったのではない」ということにするために、そのようにしているものと思われます)

中には、関西地区のJR西日本などのように、自分からどんどん積極的に女性専用車を進めてきたような鉄道事業者もありますが、こちらは全く混雑しない昼間まで女性専用車を完全終日実施し、「乗っていますか?女性専用車」・「毎日終日実施しているからいつでも乗れる」・「女性専用車、もう私の習慣です」などと宣伝するなど、明らかに女性専用車を「売り物」にしています。

つまり、どちらにしても痴漢対策・防犯対策など、「ただの建前」ということです。「痴漢対策」が「建前」だからこそ、痴漢件数が減らないとわかっても、痴漢件数のデータを隠してまで、女性専用車だけはしっかり続けるわけです。

あと、鉄道営業法に関して、ご教授をいただきありがとうございます。当会はこの法律についても認識はしておりますが、24条の解釈を深く考えたことはありませんでした。当会HPの活動報告にもあるように、当会はこれまでにも、会員に暴行をはたらいた女性客を不本意ながら法に基づき逮捕したことがあります。一方で、鉄道会社社員に対する取り締まりは諸事情により難しいのが現状です。ホーム上の駅係員は正規社員ではなく業務を委託されている警備員である場合もあります。しかしながら、当会には法律に詳しい会員も在籍しているため、今回ご提供いただきました情報は詳しく検討させていただきます。

今後とも当会のご支援をよろしくお願いいたします。



動画を見て当会の活動を知られた方からのご意見投稿

●性別:男性
●こんにちは。動画を拝見して、こちらの活動を知りました。動画を見て感じたのですが、「女性専用車両」+「体の不自由な方」の記載になった事により、より一層に一般男性が乗車出来ないと受け取れる表記になってしまいましたね。特にJRの駅員の態度が酷いですが、まるで女性専用車両にいる男性を犯罪者扱いにしている事は明らかですが、これは男性陣に対して協力して頂いていると言う「感謝の気持ちが皆無である」と言う姿勢に問題があると思います。特にJRは国鉄時代から名残りで、常に「電車に乗せてやっている」と言うお上意識が強い企業なのであり、これは鉄道ファンならば常識な話です。いくら民営化されたと言っても、年配者の方は、常に上から目線なので、あの様な命令口調になっているので、他社とは異なります。また西武球場の女性専用席の件ですが、あれは自由にやらせてはどうでしょうか?西武ライオンズはパリーグの中でも、人気が無い球団であり、観客席はガラガラの球団であり、いつも無料券を配布しているのです。本当に赤字球団であり、最近もサーベラスの外資ファンドに買収されて廃止の危機になったほどです。だから、西武球場に関してku椈@△曚辰箸い討盥修錣覆い抜兇犬討い泙后・・w)

※この度は当会にご意見投稿下さいまして、ありがとうございます。
「男性の小学生以下のお子様や、体に障害のある方、及び介護者は女性専用車にご乗車できます」などと言われると、たいていの人は、それ以外の男性は乗ってはいけないものと思い込んでしまいますが、実はそれ以外の男性の乗車については、「触れていないだけ」なんですね。この辺も含めて今後、周知していかなければと思っております。

西武球場の女性専用席ですが、当会は、あくまで女性専用車問題に取り組む団体であり、これ(西武球場)については、会としての抗議活動を展開することは考えておりません。当HP内「反対する会ニュース」の記事をご覧になってのご意見かと思いますが、あれは、女性専用車両があることによって、鉄道とは全く別の分野にまで、緊急性のない女性専用が当たり前のように作られていくようになるという、「女性専用車の弊害」を言いたかったために取り上げたものです。

もっとも、いくら赤字とはいえ、安易に女性優遇に走るのは感心しませんが・・・


愛知県の方から頂いた、名古屋市交についての報告

●性別:男性
●専用車両限定広告調査を見ていたときに、愛知県の名古屋市営地下鉄東山線の女性専用車両の広告が、女性向けの広告しかないことに気がつきました。(女性専用時間にならない休日に乗車)
広告案内の中に、「女性に向けたイメージ訴求に最適、東山線女性専用車両乗降扉窓ステッカー」というのもありました。商業利用に近い感じになってると思います。
また、女性専用車が適用されない休日のもかかわらず、女性専用車車に乗車中の女性が、乗車しようとした男性に向かって「まだ、9時になってないこの車両にのるな」と言っていました。なお近くにいた駅員によりその場はおさまりました。 これにより、平日というのも分かってない女性がいるというのも分かりました。 やはり、女性専用車はあるべきでないとおもいます。 この先の調査、活動頑張ってください。将来女性専用車がなくなることを期待します。

※この度は当会にご意見投稿ありがとうございます。
名古屋市交も女性専用車を金儲けに利用し始めましたか・・・

世間では、「女性専用車は痴漢被害が深刻なために苦肉の策として設置せざるを得なくなった。だから女性専用車両が設定されるのは仕方がないし、文句を言うなら痴漢をなくしてから言うべき。女性専用車両反対という者は痴漢被害者の気持ちが分かっていない」 という認識が当たり前のようになっていますが、実際には「痴漢対策」など、世間の目をごまかすための、うわべの理由であり、鉄道事業者は女性専用車設定後も痴漢の件数が減っていないことを隠し、「公共の場におけるアパルトヘイト並みの差別だ」という非難の声があるにもかかわらず、世間がいまだに「女性専用車=痴漢対策」と信じているのをいいことに、痴漢対策とは到底言えない女性専用車を続けています。

これだけでも十分問題なのですが、さらにその上に、(世間が痴漢対策だと信じている)女性専用車を、広告料収入源に利用し始めるなど、公共交通機関として言語道断です。

当会は関東・関西を中心に活動しておりますが、それ以外の地域については、やはり地元の方が中心になって動かないと、専用車反対の動きはなかなか具体化してきません。もしよろしければ、当会に入会申し込みいただければと思います。
(投稿者の方だけでなく、東海地区の専用車両反対派の方でこのページをご覧の方、いらっしゃいましたら是非、入会申込フォームより、当会まで入会申し込みください。お願いいたします。)


社会に蔓延する女性優遇についてのご意見投稿

●性別:男性
●以前相鉄に乗ったとき貫通扉にはこの先女性専用、男性の方の通り抜けはご遠慮くださいの表示見たような気がします。千葉のローカル線小湊線の飯給の駅前には庭園みたいなトイレがありますが女性専用で男女共用や男性用がありません。詳しくは花園トイレで検索。 ナニコレ珍百景では兵庫にある喫茶店には水族館みたいなトイレがあると出てましたが実は女性専用で男性用はありません。しかも運営者は男性です。名前はムーミンパパみたいです。しかも関西は女性専用王国です。 話違いますが、ゲームセンターによってはプリクラには男性の方のみのご利用はお断りしますの張り紙してます。 どう思いますか?

※当会が取り組んでいる女性専用車両だけでなく、今の日本の世の中は女性優遇だらけですが、レディースデーや男性お断りのプリクラなど、私企業がやっていることについては、冷遇された側としては気分が悪いものの、公共交通機関や公的なものがやっている女性優遇に比べると、社会的に大きな問題にはしにくいですし、また世間からも大した問題とはみなされないというのが、残念ながら現実だと思います。

もちろん、利用者の抗議によって改められた例も少なからずあるので、私企業に文句を言っても無駄などと言うつもりは決してありませんが、今の日本では私企業ばかりでなく、交通機関などの公共性の高いものや、公営のものまでもが当たり前のように女性優遇をやっており、これは(私企業とは違って)本来ならば許されないことです。ですから、まずはより問題性の大きな、公共交通機関やその他公的なものがやっている女性優遇を問題にする必要があろうかと思います。

しかし、そのためには、「少なくとも公共性の高いもの・公共性の高い場所での女性優遇はしてはならないことだ」という世論を、たとえどんなに地道でも作り上げ、大きくしていくしか方法は無いかも知れません。しかし、そうやって世論を喚起していくことが、最終的には公共のものだけでなく、「私企業の女性優遇も許されにくい環境」を作っていくことにつながるでしょう。


当会へのご意見

●性別:男性
●初めてメールします。 私は男性に女性専用車両に乗ないことを、強制もちろん任意でお願いすることも、男性差別だと思います。
貴会はどうして、任意協力はオーケと妥協するのですか?
強制と任意、程度の差はあるかもしれないが、性別という属性で差別されているのは同じじゃないですか?
もし、これが”白人はなるべくこの車両に乗らないでください。白人はドロボーが多いので。”ということになれば問題でしょう。
安易な妥協はしないで、運動を続けてください。

※ちょっと勘違いされているようなので申し上げますが、当会は「任意協力なら女性専用車両はあってもOK」とは言っておりませんよ。ただ、一気に無くそうとしてもそれは無理ですから、鉄道会社が任意協力ということにしている以上、そして任意協力であることを隠蔽し、強制であるかのように見せかけて女性専用車を維持している以上、まずはそこを改めさせなければということでやっております。
当会会則にも書いておりますとおり、当会の最終目的は「女性専用車両の廃止」です。



男嫌いを自称する女性からの投稿

●性別:女性
●反対する意味がわかりません。
私は通勤ラッシュの際に一般車両で見知らぬ男性に突然後頭部を殴られました。
それ以来、ラッシュ時間は女性専用車両しか乗りません。
まあ男性からしてみれば女が殴られようとどうでもいいんでしょうけど(笑)男性の皆様は暴力大好きですもんね!
女性専用車両を廃止し、男性が電車内で痴漢し放題、暴行し放題、楽しそうですね。

※「男嫌い」というハンドルネームでご投稿いただきましたが、当会HPをきちんと読めば、なぜ反対しているのか分かるはずですし、ましてや当会が「女が殴られようとどうでもいい」 などというスタンスでやっているのではないことぐらい、すぐ分かるはずですが・・・

「男性の皆様は暴力大好きですもんね!」・「女性専用車両を廃止し、男性が電車内で痴漢し放題、暴行し放題、楽しそうですね」 とのことですが、これは本気で言っておられるのでしょうか? 当会内では、「釣りでは?」 という意見もありましたが、もし本気で言っておられるのなら一度、専門家のカウンセリングを受けられたほうが良いかと思います。

車内で見知らぬ男性に後頭部を殴られたというのであれば、悪いのはその男であって、男性一般ではないはずです。あと、「女性ばかりなら安心・安全」と思い込んでおられるようにも見えますが、もしそうならそれは大間違いであると申し上げておきます(下記)。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100905-OYT1T00146.htm (現在はリンク切れ)

地下鉄駅で81歳女性、女に包丁で切られ死亡
読売新聞 9月5日(日)9時20分配信
 5日午前7時55分頃、名古屋市中区金山1、市営地下鉄名城線金山駅の改札口近くの女子トイレ前で、30歳代の女が、同市港区辰巳町、奥田トシさん(81)をいきなり包丁で切りつけた。
 奥田さんは右肩などから多量に出血し、救急車で市内の病院に運ばれたが、同9時20分頃、死亡した。
 愛知県警中署によると、女の身柄はすでに確保しているが、女自身も手に軽いけがをしており、市内の病院での手当てが終わり次第、殺人容疑で逮捕する方針。女は奥田さんと面識がないといい、同署は通り魔的な犯行とみている。



当会に寄せられた「珍説」

●性別:女性
●女性専用車両はアパルトヘイトと言いますが、アパルトヘイトとは人口2割程度しかいない白人に対する優遇政策ですよね?
日本の男女比は若干男性が多いですがほぼ半々ですよ。理解を得られない理論だと思います。

※優遇される白人が2割程度ならアパルトヘイトだが、白人が5割になればアパルトヘイトではなくなるのですか??
「アパルトヘイトか否かは、黒人と白人の比率によって決まる」・・・これはまたかなりの”珍説”ですね。
問題なのは、人種や性別という、人間が生まれ持った属性で差別していることであって、「被差別者」と「そうでない者」の割合ではありません。
理解を得られないのはあなたの方だと思います。

女性専用車両に反対する会では、新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。女性専用車両について疑問に思っておられる方、不満に思っておられる方、ぜひ当会にお越し下さい。

入会申込フォームよりお待ちしております。

ご意見紹介 - カテゴリートップ - トップページ