ご意見紹介 - カテゴリートップ - トップページ

当会に寄せられたご意見(2015年3月〜4月)

2015年3月〜4月の間に頂きましたご意見投稿の中から、投稿者が「公開しても構わない」として送信してきたものについて、一部ここで紹介させていただきます。今回も、下記に紹介させて頂きましたご投稿の他にも多数のご投稿を頂きました。ありがとうございました。

なお、今回ここで掲載させて頂きました投稿には、当会より
青字で返信コメントを付けさせて頂いております


女性専用車に乗車された関西の男性からのご投稿

●性別:男性
●初めまして
いつも参照させていただいております。
本日 京都線 京都駅で24時ごろ発、大阪行きの女性車両に乗りました。
すると駅員が大声で『女性専用車両です』と車内に乗り込んできました。
1名の男性が移動されました。私は断固乗車していると

『女性専用です!!』

と荒声をたてられましたので

『乗ってもいいのですよね???』

と返しました。
すると

『周りの目を気にならないのならどうぞ』
と言われました。

これは屈辱的に感じました。周りの目を・・・、ってどういう意味なんでしょう。
京都線はこのような感じでした。

※当会にご意見投稿ありがとうございます。
京都線というのは、JR京都線(東海道本線、京都〜大阪間の愛称)ですね。

このところ、私達のような活動団体だけでなく、あなたのような一般の利用客の中にも、女性専用車両が任意協力であることを知った上で、敢えて乗車する方が徐々に増えてきたようで、私達といたしましても、これは望ましい傾向だと思っております。(これまでに、他にも同様のご意見投稿をいくつか頂いております。)

すでにご存知かもしれませんが、JR西日本は女性専用車両に特に熱心な事業者で、それも防犯対策としてではなく、
女性向けの客寄せサービスとして実施しているようなふしがあり、男性が乗車していると、あなたが遭遇されたような声掛けや、場合によっては電車を止めてまで、男性が移動するまで徹底的にしつこく声掛けしてくることもあります。

あなた様におかれましては、今後同様の問題が発生した場合は、関わった駅員・乗務員等の名前と、
ご自身が乗車していた列車(「○時○○分に××駅から出る列車」程度でよい)を記録しておくことをお勧めいたします。
女性専用車両はただでさえ自分の有利になる証言を得づらい環境です。うっかり名前を把握し忘れて駅や本社などに抗議しても、プライバシーを盾に(駅員・乗務員等の)名前すら教えてくれない場合があります。万が一トラブルが発生した時に対応できるようにするため、最低限の防御を整えていただきますと、ご自身の身の安全にもつながります。

今後とも当会へのご支援をいただけましたら幸いです。
これからも頑張ってください。


名古屋市交通局に問い合わされた方のご投稿

●性別:男性
●名古屋市交通局における女性専用車両の運行時間拡大に伴い、当局へ意見した際の事を書かせて頂きます。
意見の方法は電話にて行い、終日化決定以前にも利用駅の駅員室にて口頭で意見しましたが、返答内容は同一でした。結論としましては、「女性専用車両は男性の利用を禁止しておらず、あくまで男性の任意協力によって成り立つもの」でした。

では、どうして男性が利用できる例外規定が存在するのか、任意ならば「専用」という表記は虚偽なのではないかと問い詰めましたが、上記の回答を繰り返すのみで、話を掘り下げる事はできませんでした。

興味深かったのが、職員としてではなく、一個人の意見を尋ねた時の回答です。
「個人の見解はお答えできません。」でしたが、こちらは回答に対して一切の責任を追及せず、ただ、たまたま今喋っている1人の人間としての意見に対する質問だと明示しております。

もし、その職員と交通局の見解が同一であり、弁明容易な正論であれば、答えていたのではないかと思うのです。
もしかしたら、その職員は個人的には女性専用車両の現状に納得していないのではないか?
そんな印象を覚えました。

駅員室で口頭意見した時は、東山線利用時の降車駅でした。
意見の内容は皮肉にも「女性専用車両の設定時間に利用したが、混雑が見られないので、今の時刻はまだ要らないのではないか?」というものでした。その時の回答は「いえ、後30分もすれば混み始めますから」でしたが、終日運行している今、振り返って考えると、笑えない。冗談としか思えません。

結局は、確固たる根拠の土台の上に成り立つものではなく、意外と行き当たりばったりで、交通局自身が何かに振り回されているような、そんな印象でした。

以上、意見というより日記のようでしたが、乱文失礼させて頂きます。

貴団体のご主張を心より支持致します。

※あなた様も仰るように、女性専用車両は任意であるにも関わらず男性を排除するために「専用」の名前を冠した車両です。10年以上前に導入された当初は警備員や鉄道会社の駅員は平気で「男性は乗れない」という嘘を述べていましたが、最近は少なくともこちらが正しい見解を述べた場合に限り、誤りではない回答(任意協力)を示すようになっています。

ここで、鉄道会社は「男性は乗れない」ではなく、「男性には協力をお願いしている」という”誤りではない”回答をしている点がポイントです。鉄道会社の職員は、上司から何があっても「協力をお願いしている」とだけ返答するように指示されていると推察されます。このように回答することで、鉄道会社は自分にとって不利な議論を避けながら女性専用車両の存在を認めるようにしているようです。

また近年、女性専用車両は痴漢対策という表向きの理由を離れ、自社のイメージの向上に使われるようになってきました。ラッシュ時に痴漢対策と称して導入された女性専用車両ですが、実際には女性専用車両のみに割高な広告料を設定するなど、金儲けの道具として利用されていたり、混雑のない日中なども含めた終日運行など、迷惑行為対策とはおよそ言えない、ただのサービスとしての運用がなされたりしています。
当会はこれらの点について、公共交通機関にあるまじき姿勢であるとして追及しています。

女性専用車両は、公明党と創価学会が女性票を集めるために鉄道会社へ働きかけをしたことで導入されました。
当時の地方議会では、公明党議員による積極的な導入が叫ばれていました(2015年4月からの東山線の女性専用車両終日化に際しても公明党議員による主張が名古屋市議会において行われています)。鉄道会社は当初女性専用車両の導入には否定的な見方をしていましたが、導入後、安価で痴漢対策をしているパフォーマンスができるなどのメリットに気づいてからは積極的な運用がなされ現在に至っています。

この度は当会へのご意見投稿、ありがとうございました。
今後とも当会へのご支援をいただけましたら幸いです。


福岡の専用車反対派の方からのご投稿

●性別:男性
●はじめまして
僕も女性専用車両に反対している1人です。
さっそくなのですが相談があります。

福岡の私鉄である西鉄電車にも女性専用車両があります。
僕は女性専用車両に成人男性が1人で乗っても法的に問題が無いことは知っています。
しかし、西鉄電車のホームページや電車の案内では成人男性1人での乗車ができないような印象を受けます。

そこで私は西鉄電車にメールで質問をしました。

>女性専用車両に成人男性1人で乗車することを禁止しているのですか、していないのですか?

このような内容を送りました。すると回答で

>成人男性が女性専用車両に1人で乗っている場合、ご協力お願いの説明をさせて頂き、ご理解ご協力を頂いております。お客様におきましても、ご理解とご協力下さいますようお願い申し上げます。

という返事がきました。私は回答になっていないと思い、

>協力したくない場合は女性専用車両に成人男性1人で乗車できるのですか?成人男性が女性専用車両にのることを禁止しているのか、していないのかはっきり回答お願いします。

と再度メールを送りました。しかし、翌日返信で

>回答につきましては昨日申し上げた通りです。全てのお客様に対してこのように回答しており、ご理解とご協力を頂いております。

というものでした。

私はこれでは納得ができません。もし、私が女性専用車両に乗り他のお客さんや駅員・乗務員から協力をお願いされたときに、法的に男性が乗っても問題ないと言って聞き入れてもらえるでしょうか?
私はこんな大事なことをこんな曖昧な回答で済ますことが許せません。

この時代に女性専用車両なんて時代錯誤も甚だしいと思いますし、そもそも性別は見ため通りでないこともあり、そういう人はより辛い思いをしていると思います。
どうにか西鉄電車にはっきりと『女性専用車両への成人男性の乗車はできます。』ということを言ってもらえることはできないでしょうか?そうしないと、いくら法的に問題なくても女性専用車両に男性1人で乗ることが不安です。

長くなりましたが、ご意見お願いいたします。

※「女性専用車両への成人男性の乗車はできます」と西鉄に言わせるためには、福岡でもまず一人でも多くの男性が女性専用車両に率先して乗る(出来れば毎日乗り続ける)ことが必要です。そのくらいのことをしない限り、西鉄が「女性専用車両への成人男性の乗車はできます」と自分から言うとは考えにくいと思います。

「『乗車できます』と言ってくれたら乗ろう」 ではなく、
「『乗車できます』と言わせるために乗らなければならない」 のです。

関東や関西の鉄道事業者も、今では「女性専用車両が任意協力に過ぎないこと」を認めますが、なぜ今、そうなっているのかというと、過去、「女性専用車両が任意協力である」ということが世間に全く知られていなかった中で、勇気をもって乗車活動をしてきた反対派の活動の積み重ねがあるからです。

とは言え、乗車経験が少ない人の場合、一人で女性専用車両に乗車することは精神的な負担が大きいかもしれません。

まずは当会に入会されませんか?
今のところ数は少ないですが、福岡にも乗車活動の経験がある会員はいますので、まずは一緒に乗車活動を行って、
西鉄に「男性も乗っても良い」と言わせるための活動に参加されませんか?
当会は非常に自由な雰囲気で、会員が参加したい活動に参加するというスタンスです。

興味がございましたら、入会申込フォームからお申し込みお願いいたします。



香港の女性から頂いた、当会支持のご投稿

●性別:女性
●I come from Hong Kong
Nice to meet you
I don t agree have Ladies car only
Too not fair from japanese men
because I research many service help japanese men people
so I want help japanese men
I suggest have more men car will better

Si Si From Hong Kong


※Nice to meet you, too.

We recoginize that women only car is a discrimination against men. There
is too much services for only women in Japan, so men are discriminated.
The equality of the sexes, which is defined in the Japanese construction,
is that men and women are given chances equally. However, the equality is
distorted as giving women favorable treatment in Japan.

We notice that what men get on women only car is not illegal. We get on
women only car, and explain that men can get on women only car.
We aim abolition of women only car.

We hope that you will extend the fact that what men get on "women only
car" is not illegal to your family and friends.
Thank you.

(日本語訳)
はじめまして。
当会は、女性専用車両が男性差別であると考えております。日本は女性への過剰なサービスが横行しており、結果として男性が不当に弾圧されています。本来男女平等とは、日本の憲法にも定められていますが、男性と女性が対等の機会を与えられることを指します。しかし、日本では女性に不必要な優遇を与えることであると曲解されています。

このような現状に対して、当会は女性専用車両に男性も乗車できることに注目し、女性専用車両へ乗車して任意であることや女性専用車両が痴漢対策にならないことをアピールしています。当会は女性専用車両の廃止を最終的な目標とし、活動を続けております。

あなた様におかれましては、女性専用車両に男性が乗車することは違法ではないことをご家族やご友人との間で共有していただければ幸いです。
ありがとうございました。


当会支持の方からの投稿

●性別:男性
●女性専用車両には侮辱を感じる。これは今すぐにやめるべき。どんな男性でも邪魔者扱いされていたら怒ります。これは強く否定したほうがいい。最後に差別だと主張して本当のことをできる人はすごい。そう感じる。

※当会にご意見投稿ありがとうございます。
女性専用車両は「痴漢」ではなく「男性」を排除している点で非常に大きな問題を抱えています。痴漢のほとんどは男性かもしれませんが、男性のほとんどは痴漢ではありません。現在の社会では男性側が差別されていることを主張する者が見下される風潮が存在しますが、あなたのように当会はその活動に一定の理解を示してくださる方がいることを非常に嬉しく思っています。

また、本来であれば車内に防犯カメラを設置することで痴漢を防ぐことは可能です。一部報道によれば埼京線の1両に取り付けた防犯カメラによって痴漢を6割も減らすことができたというデータも存在します。当会は、これからも女性専用車両が根本的な問題の解決にならないことを提起していくつもりです。

今後とも当会へのご支援をよろしくお願いいたします。



女性専用車両は一般車両の救済になるというご意見

●性別:女性
●友人が普通車両を嫌がっていたので付き合いで1年ほど乗った経験がありますが、あそこはマナーのなっていない人間を詰め込んでおく為の場所だと感じました。
同じように男性専用車両や年寄り用の車両も作って、そういった人間をまとめておくべきだと思います。
自意識が過剰な人ほど、そういうのに飛びつきますから。

〇〇専用というのは一見優遇されているように見えますが、普通車両に乗っているまともな人間を守る為のいわばフィルターのような物です。
無くせという意見も分かりますが、無くしてしまうと普通車両の人間に迷惑をかけるだけだと思います。
専用車両とは言いますが、使われているのは他の車両と同じ物です。
せいぜいステッカーを貼っているくらいですから、むしろかなり経済的な方法で選り分けに成功しているとも言えないでしょうか。

私はこう言った考え方なのですが、いかがでしょうか?
是非ご意見を伺ってみたいです。

※当会にご意見投稿ありがとうございます。

あなたは、「女性専用車両はマナーのなっていない人間を詰め込んでおくための場所」・「普通車両に乗っているまともな人間を守る為のいわばフィルターのような物」 と仰っていますが、これは、「女性専用車両を設置すれば女性がそちらに行き、一般車両の男性が痴漢冤罪から救われる」 と言っているのと同じで、一見もっともらしく聞こえますが、実は何の科学的・統計的根拠もありません。

つまり、「何となくそんな気がする」という思い込みに基づく空論なのです。

もしあなたの仰るように、女性専用車両に、「マナーのなっていない人間を隔離して一般車両の車内環境を浄化する作用がある」というのなら、「女性専用車両のない路線の車内では、ある路線(の一般車両)に比べ、車内マナーの悪い人間が多い」 ということになりますが、それを証明するようなデータや統計はありますか? 無いと思いますが・・・


女性専用車両に反対する会では、新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。女性専用車両について疑問に思っておられる方、不満に思っておられる方、ぜひ当会にお越し下さい。
入会申込フォームよりお待ちしております。

ご意見紹介 - カテゴリートップ - トップページ