ご意見紹介 - カテゴリートップ - トップページ

2010年3月26日の京王線非協力乗車会についての、
当会に対するご意見投稿

2010年3月26日、当会関東本部・京王線非協力乗車会において、当会会員と女性客がトラブルとなり、当会会員の一人が「隣の車両があんなに混雑しているだろう」 と、隣の車両の混雑を見せようとしたが、女性客が見ようとしなかったため、手で女性客の顔を隣の車両に向けさせようとして、大騒ぎとなりました。
もちろん、故意に殴ろうとしたものではなくても、人の顔に触れるという行為は、広義で暴力行為と解釈されても致し方ないものであり、今後の当会の活動にも重大な影響を及ぼしかねない行為であることから、当会では当該会員を厳しく懲戒し、無期限活動停止処分といたしました。

この件については、J−castニュースでも取り上げられ、当会にも多数のご意見投稿が寄せられました。
当会に対する非難・批判もあれば、当会への励まし・応援もありましたが、ここで当会に寄せられたご意見投稿の中から、投稿者が「公開してもかまわない」として投稿してきたご意見投稿のうちの一部をここでご紹介いたします。(一部の投稿には当会より、
青字でコメントをさせていただいております。)


当会への支持・賛同等

●性別:女性
●はじめまして。26日の御活動で貴会のことを知りました。
私は女性ですが、女性専用車両導入はおかしいと常々思っておりました。
御活動、応援致しております。頑張ってくださいませ。

●性別:男性
●頑張ってーーーーー!!!><

●性別:男性
●これからも抗議は継続してください。

●性別:男性
●反対する会の皆様はじめまして。当方、大阪在住です。2ちゃんねるなどで話題になっておりましたのでHPを拝見した次第です。
当初、女性側からの主張が全面に出て話題になっており、なんて乱暴な方々だと思いました。
しかしHPを拝見すると、皆さんの主張は全く間違えていないと思います。

男性と一緒だと痴漢に遭う、男性を隔離すれば良いという考え方は前から賛同し難く、理解に苦しむものです。
(世間には痴漢だけでなく痴女という言葉もあり、私は学生の頃、御堂筋線で痴女に遭遇して非常に気持ち悪い思い出があります。。。)
まあ、そういう意味では「女性を隔離」してくれるのは良いかもしれません。ラッシュのときに、香水や化粧品で気分悪い思いをしなくて済みますね(笑

話が脱線してしまいましたが、大阪でも女性専用車両にうっかり乗ってしまった男性が、えらい剣幕で怒られているのを二度ほど目にしたことがあります。
その時は、件の女性専用車両はガラガラ。周りの車両もガラガラでしたが。その時は、同じ料金を払っているのに、お前何様やねんと思いました。

そもそも同じ運賃を払っているのに、なぜ男性だけが差別されなくてはいけないのでしょうか。女性専用車両のせいで、ラッシュ時は周囲の車両が男性でぎゅうぎゅう詰めですよ。女性だけ割増料金ならまだ納得できます。

関西の一部私鉄は、電車内で保護されるべき、身体的に不利な方専用の専用座席については、撤廃してみたり、再度配置してみたり、何だか誰専用なのか分からず、曖昧な位置にしかない。しかし女性専用車両はガラガラでも止める気配がありません。

第一、電車での一番の犯罪は痴漢なんでしょうか?
暴力や窃盗、変質者なども問題のはず。警備員を各車両に配置する、カメラで監視するなどのほうが、犯罪トラブル全般に配慮してくれるほうが、
安心につながるのではないでしょうか。

・制服警官の車内への乗車
・ホームへの制服警官の配置
・各ドア横への非常通報マイクの設置
・車内防犯カメラの設置
・登録市民ボランティアによる「犯罪防止監視員」制度の導入
・オフピークチケット・定期券などを発行し、ラッシュ時の混雑集中を緩和する

HPに記載されている代案はいずれも大賛成です。
ただ、あえて苦言を申し上げますと、プラカードなどで意思表示されるのは立派だと思いますが、一般乗客である女性に意見するのはどうでしょうか。
また肖像権がありますので写真などは撮るべきではないと思います。正しいことを主張されているのに、ねじ曲げて報道されるきっかけを与えてしまいますのでとても残念です。(WEBからの情報拾い読みなので誤解がありましたらお許しください)

各社への直接抗議行動、駅でのビラ配りなどがあればお手伝いしたいと思います。今後の御会の発展を見守りつつ、活動を応援したいと思います。

●性別:男性
●動画が2ちゃんねるで紹介されていたので興味を持ちサイトを拝読させていただきました。女性専用車両を考えると今の歪んだ世の中を象徴しているようで大変考えさせられました。そこで思った事を数点書かせていただきます。

一つめは、サイト上に女性専用車両なるものに法的根拠がない事・
国交省の見解・憲法での男女平等など活動の根拠となる事をまとめたページが欲しいと感じました。

二つめは、上記の事を纏めた抗議用の文書を印刷しておき、非乗車協力を促しに来た駅員に渡す事で気の弱い男性(私の事です)
も論破が容易になり活動人数が増えるのではないかと思います。

三つめは、
女性専用車両が海外で日本バッシングに使用されかねないだろうかと危惧します。
というのも海外で女性専用車両が導入されている多くの国が宗教的な理由(男女平等などではなく男尊女卑の意味合いが強い)で行われているからです。
womenonlyの表記など女性差別としか見えません、意図的に利用しようとすれば幾らでも利用可能でしょう。

拙い文章で申し訳ありませんが読んでくださりありがとうございました。活動応援しています。

●性別:男性
●お疲れさまです。以前から貴会の主張と全く同じ考えを持っています。
活動報告を読み、感心し、勇気づけられました。活動を支持します。政治家の先生が関わっておられるのが心強いです。

このウェブサイトの作りをプロフェッショナルなデザイナーによるものにしたら、イロモノ扱いされがちな印象が変わると思います。
書かれている内容は立派で正しいと思いますが、デザインが素人的だと感じます。
何よりも、今はこの動きを全国や世界に知らせることが大切だと思います。

活動報告の中で、暴言を吐いた犯罪者の女にモザイクがかかっているのが残念です。
会員や署名者がどれだけいるのか、また男女別の数などを公表すれば、入会や署名を躊躇している人に対して、一つのきっかけになると思います。

●性別:男性
●非協力乗車会を支持してくれる女性や街宣活動に参加してくれる女性を増やしてみてはどうでしょうか?
世間は女性に甘いのですから、女性に主張させれば男性が主張するよりも効果が高いのでは?
特に女性専用車に賛成している男性は女性専用車に反対する女性を非難しにくいと思います。

確かに仰る通りで、女性会員の力は非常に大きいです。実際、関東では男性のみで非協力乗車会を行うと、女性客が噛み付いてくることが多いのですが、なぜか女性会員が一人でもいると何も言ってこなくなります。当会HPでも、主に「活動報告」などで女性会員の存在をアピールしているのですが、なぜか専用車賛成派はそれを全く無視して、当会が男性ばかりで反対しているかのように意見してきたり、自分達(賛成派)が全女性の味方であるかのように意見してくることがよくあります。
●性別:男性
●はじめまして。私は関東の私鉄で働いておりますが、弊社でも導入されている女性専用車両には全くもって良く思っておりません。我々社員も。

鉄道会社の職員の中にも、女性専用車を快く思っていない方がいらっしゃることは、私共も承知しております。また、会社内で女性専用車反対を表明すると、上に逆らうことになるので、その意思を表明することが非常に難しいのだろうということも大体想像がつきます。
私共と、女性専用車を快く思わない鉄道職員が手を取り合えれば一番良いのですが、実際にはそれもなかなか難しいと思われます。何とかならないものかとは思いますが・・・

●性別:男性
●影ながら応援している者です。
先日の事件がネットのニュースに載り、多くの人が意見を述べていました。
その中にいくつか自分なりに気になったことがあったので、ここに書かせていただきます。

まず、トップページのタイトルの下あたりに「痴漢対策に反対しているのではない」と明記するべきです。
新たな痴漢対策を鉄道会社に提案し、その結果として女性専用車に反対するほうが、前向きであり、より多くの賛成を得られると思います。
また、活動報告の文章ももう少し穏便で冷静に書くべきだと思います。
特に京王に対する書き方は、興味を持ってこのサイトにきた人に対してマイナスイメージを与える可能性があると思います。
女性専用車の問題に関しては、多くの人に知ってもらうことが一番大事だと思うので、街頭演説やティッシュ配布などを行い、知名度を上げるべきだと思います。
駄文で失礼いたしましたが、男女平等で痴漢被害のない車両を作るため、今一度HPと活動内容を検討していただけると幸いです。

●性別:男性
●JR東日本に先日、痴漢防止のために防犯カメラを導入する動きがあるのだから専用車は必要ないはずだという旨の意見をしたら、
なぜかさらに4月19日から新たに女性専用車を導入する路線が増えるのだという回答をもらいました。
これっておかしいですよね?以下、JRからの回答転載

いつもJR東日本ならびにJR東日本ホームページをご利用いただきましてありがとうございます。このたびのご意見につきまして、以下のとおり回答させていただきます。
回答が遅くなり申し訳ございませんでした。
弊社では車内の迷惑行為等を防止するために、これまでもポスター等による呼びかけを行うことで車内秩序の維持に努めてまいりましたが、実際に痴漢の被害にあわれてお困りのお客さまがいることや、お客さまからの要望もあることから、安心して車内をご利用いただくために埼京線と中央線(快速)、常磐線各駅停車(地下鉄千代田線直通)、総武線各駅停車に女性専用車を導入してまいりました。
しかしながら、首都圏に乗り入れている路線のうち横浜方面からの列車に女性専用車が運行されておらず、
お客さまから京浜東北線への導入を求める声が多いこと、警察主導で「電車内痴漢対策首都圏官民会議」が開催されるなど、痴漢撲滅に対する機運が高まっていることを踏まえ、2010年4月19日より、京浜東北線・根岸線に女性専用車を導入することといたしました。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
今後も、みなさまに愛され、親しまれるJR東日本をめざしてまいりますので、引き続きご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。
東日本旅客鉄道株式会社

ご報告ありがとうございました。過去に、「女性専用車では痴漢件数が減っていない」という、JR東日本の担当者のコメントがマスコミ記事に出ていたこともあり、JR東日本は、女性専用車に痴漢減少効果が無いことを知っているはずなのですが、その上でJR東日本は、(車内防犯カメラの方が効果的であるにもかかわらず)痴漢件数の大幅な減少効果が期待できない女性専用車を追加導入しました。仰る通り、明らかにおかしいと思います。
●性別:男性
●行政が鉄道会社に女性専用車両を要請するなら、きちっとした法整備をしてからするべきだ。
もっと、放置自転車なくしたりする方向に鉄道会社は費用をつかうべきだ。

●性別:男性
●電車だけに限らずここ数十年明らかに女性が優遇されていると思います。
それなのに女は「まだ優遇が足りない」と寝ぼけた事ばかり言ってます。
男女平等をうたう癖に男性に寄生する事しか考えてない、そんな生物に権利を与えてやる必要なし!
男女共同参画とかいう毎年10兆円も税金を使い続けてるフェミニスト集団も即刻廃止するべきだと思います。
私は「女性専用車両に反対する会」を全面的に支持します!

当会へのご支持、ありがとうございます。確かにどこまでも厚かましく優遇措置を要求してくるような女性には困ったものですが、しかしながら、そういう女性ばかりではないということは是非知っておいて頂きたいと思います。当会にも何名かの女性会員がおりますが、非協力乗車会の際など、大変頼もしい活躍をしてくれていますよ。(3月26日の非協力乗車会の際は、たまたま男性のみだったため、あのような結果になってしまいましたが・・・) 
●性別:男性
●女性専用車両には当初よりおかしいと思っていましたので、このような会が存在することがわかって安心いたしました。
今の僕では力になることは出来ないようですが、微力ながら周知活動をしていこうと思います。
これからも応援させていただきますので、どうか頑張ってください。

●性別:男性
●ずっと以前から「女性専用車」に違和感を持っている者です。
女性専用車があることによって被った不愉快・不利益、またこのシステムがいかにおかしなものかをここで言い始めると膨大な文章になってしまうので他の機会に譲りますが、痴漢対策になっているかどうかだけ、先日ある駅員と口論になったので、それをお伝えいたしたく。
私の意見は、女性専用車は全く痴漢対策になっていない、どころか、痴漢の温床にすらなる危険性があるということです。
単純に考えて、女性専用車そのものでは痴漢はほぼ起きませんが、その隣接車両は、より混雑するわけですから、痴漢の原因である混雑が助長されることになります。
専用車1両で痴漢がゼロになっても、電車全体で痴漢が増えたのでは、全く意味がありません。
それより何より、女性専用車以外で痴漢が発生した時に「女性専用車に乗らなかった女性側の自己責任」的な捉え方が少しでも出てきたら、さらに言うと「女性専用車に乗ってないんだから痴漢されてもしょうがないだろう」的な考え方が出てきたら、それは恐ろしいことです。
もちろん私は痴漢は撲滅されるべきと考える者ですが、以上のような理由で、痴漢を減らすためにも、まずはそれを助長する女性専用車を早急に撤廃すべきと考えます。
そもそも、女性専用車は「痴漢の発生する夜道を、危険だからと男性通行禁止にする」ような、全く人権を無視したやり方です。
夜道が暗いなら街灯を増やす、警備員を置く等々やることはいくらでもあるのに、公共の機関が一番やってはいけない「男性立ち入り禁止」をやっているのです。
本当に女性専用車はおかしいと思います。以上貴団のご参考までに意見を申し上げました。

ご意見・ご報告ありがとうございました。現状は女性専用車にどのような弊害があろうと、痴漢件数が減らなかろうと、女性専用車は存続・拡大の方向ということで、こういうところからも「痴漢対策」はうわべの理由に過ぎないということが分かります。先日、JR埼京線で試験導入された車内監視カメラが大きな効果を上げたということで、埼京線を走る全列車にカメラを設置するという方向になったようですが、それでもやはりJR東日本線では女性専用車は存続・さらに拡大されるようです。今後、「女性専用車は廃止の上、監視カメラの設置を進めるべき」 と主張する必要を感じます。
●性別:男性
●私は痴漢の根絶を願っています。ですから、女性専用車という無意味な措置を改め新しい対策を一緒に考えて欲しいのです。女性専用車については、導入が提案され始めた段階から、ずっと反対でした。
私は男女平等の社会を望んでいます。同様の理由でレディスデーのみを設けている店舗での買い物はしないことにしています。
私は就職活動での自己分析の為、友人約150名にアンケートをしました。
その際、私の良い所として周囲が挙げた最も多かった意見は“誰にでも平等に優しい”でした。それは私自身も自負しておりますし、そんな私だから言いたいのです。男女差別は止めませんか、と。

日本は男性優先社会でした。そして時は経ち、今では女性の地位や権利も当然のことなのですが保証されるようになって来ました。
女性の地位向上、はっきりいって私は大賛成です。事実、保険制度における女性差別について裁判所に意見陳述書を送付していたこともあります。
しかしその風潮が行き過ぎたものとなり、大きく歪められ、いつしか女性を優遇することが男女平等とすりかえられてしまってはいませんか?
女性優先、それならそれで良いじゃないですか。大いに結構です。レディファーストの精神でしょう?
それを、男女平等とすり替えるのは止めましょうよ、と鉄道会社には言いたいのです。

私は痴漢を許しません。痴漢を減らす為の手段として、女性専用車が有用な手段でないことは統計から見て明らかです。
一日でも早く、このビジネスを視野に入れた対策方法が廃止され、新たな解決策をこうじる日がくる事を願ってやみません。
痴漢ゼロの社会と、男女平等の社会の実現を。

改変および一部抜粋はご遠慮願います。
掲載されるのであれば、一字一句たがわない状態でを希望いたします。
では、今後のご活躍(ニュースにあるような不当なものでない)を期待しております。

当会にご意見投稿ありがとうございました。ご希望通り、全文掲載させていただきました。
ご投稿の内容から、あなたは女性専用車両の胡散臭さに気付いておられると思いますが、実際の世の中ではまだまだ、「女性専用車両は痴漢対策に役立つ」・「痴漢対策なのだから当然だ」 というような考えの人が多いのが現状です。実際には、痴漢件数が減る・減らない以前に、痴漢対策を建前にしているだけで、痴漢対策ですらないわけですが・・・



当会への批判・疑問・その他

●性別:男性
●あんたら、本気で問題に取り組む気あるの・・・?
アホなことやらかして、世間に冷たい目で見られただけだろ。誰か同調したとでも思ってるの?
俺は男だけど、あんたらの行動にはとことん呆れたわ。
馬鹿なの?死ねよ。

●性別:男性
●キモイおっさんらだなー
痴漢してそうな顔つきなんじゃない? 痴漢撲滅運動するのが先じゃんか

●性別:男性
●恥知らずな活動すんな。

●性別 : 男性
●このようなことに注力するほど暇なのですか?
活動が右翼みたいで基地外の域に達している印象を受けました(笑)

●性別:男性
●女達を女性専用車両に突っ込んであるから安心して通勤できるのに、君ら何言ってんの?痴漢したいの?

女性専用車があっても女性客の多くは一般車両を利用しています。よって、冤罪の危険性は依然として高く、到底安心など出来ません。また、女性専用車導入後、多くの路線で痴漢件数が横ばい・または逆に増加しています。つまり、女性専用車があっても、痴漢する輩は一般車両でいくらでもやりたい放題なわけで、私共は当然のことながら、痴漢したいから女性専用車に反対しているわけではありません。ちょっと考えればすぐに分かることです。
●性別:女性
●情けない団体ですね、もっと有効なことに時間を使えないのですか?
差別とかいって、女性が何百年男性に虐げられてきたのかを知ってますか?
女性車両に乗って反対運動を企てるなんて、そんなことでその女性乗客になんのアピールができると考えているのでしょう?
貴兄達のような男性が多いから、少子化や外国人男性との結婚が増えているのです。
もっと日本男性としてのプライドを持って、自分達が今すべきことをよく考えてください。
とりあえず、朝の通勤車両で痴漢退治でもやってください。成功したら少しでも見直してあげます。

「女性が何百年男性に虐げられてきた」とか、「当会メンバーのような男性が多いから少子化や外国人男性との結婚が進む」 とか、一体何を根拠に言っておられるのでしょうか? 当会には女性会員もおりますが、彼女達もあなたの意見には呆れて笑っていましたよ。
●性別:男性
●私は男性です。混雑した車両で男性が接近した場所に居る、ましてや身体の一部が接触するのが非常に不愉快です。生理的に受け付けません。
では、女性の場合を考えて下さい。 どれほど不愉快か。想像出来ますか? 出来ませんか?
そういった女性のために女性専用車両があっても全然おかしくないのではないでしょうか? 想像出来ますか?是非とも想像して下さい。
当サイトにこの文章を掲載出来ないようでしたら、きっと都合の良い論理を展開しているだけだと思います。 想像して下さい。

では、なぜ女性専用車があるにもかかわらず、自分の利用する駅の階段や改札に近いからと言って一般車両に乗車する(女性専用車よりも利便性を優先する)女性があんなに多いのでしょうか?なぜラッシュ時に女性専用車だけ空いているというようなことが度々起きるのでしょうか?つまり、多くの女性客にとって、女性専用車両の必要性というものは所詮、その程度でしかないということです。
あなたのご意見を見ていると、「私はお前らとは違って、女性のことも思いやれるんだぞ」という自己主張のようにも見えますが、違いますでしょうか?

●性別:男性
●3月26日の不適切活動について、なんで「活動報告」しないんですか?(身内に甘い?)あなた方の言ってることは理解できるが、やってる事は理解できない。嫌がらせに近い抗議活動なんかしてないで鉄道会社相手に民事訴訟でもすれば?

3月26日の活動については、当会HP上で公開いたしております。(この投稿があった時点ではページ作成途中でした。)また、26日の非協力乗車会で不適切行動のあった会員については、先にも触れたとおり、無期限活動停止処分といたしました。私達は決して身内に甘いわけではありません。不適切な行為をする者は、如何なる理由があろうとも許しません。
また、現時点では鉄道会社に民事訴訟を起こしたところで、女性専用車両が違法であるという判決が出る可能性はほぼ無いに等しいと思われます。鉄道事業者は女性専用車を建前上、「任意協力」ということにして、法に触れないように「対策」しているからです。私達が訴訟ではなく非協力乗車を行うのは、そうした理由があります。
もちろん、非協力乗車と言っても、乗客に抗議したり車内で騒いだりするのが目的ではなく、他の乗客が何も言って来なければ、私達もただ黙って乗っているだけで何もしませんし、何も言いません。

●性別:男性
●痴漢件数が減っていない→女性車両に意味が無い→撤廃すべき という意見は飛躍しすぎではないでしょうか。
少なくとも絶対に痴漢されたくないと考える人は女性専用車両にのることで対処ができるというだけでも、効果はあると考えられます。
痴漢側の男性を拘束しているわけではないのだから、件数が減らないのは当然の話です。数値のみを評価基準にして、効果の是非を問うのは判断基準が間違っていると思われます。
また、他の対策を行うべきだとの意見は確かに賛同しますが、そのために女性専用車両の撤廃を行う必要がありますか?
両方やればいいのですから、撤廃する意味がありません。
まず女性専用車両の撤廃という目的が頭にあり、そこから論理を展開させているために、ところどころで論理が飛躍しているのでは?

まとめると以下の点が気になります。
・女性専用車両に対するメリットの考察がされていない
・女性専用車両に対するデメリットの考察も十分ではない
なのに何故撤廃という意見にもっていけるのか、不思議でしかたないです。

当会のHPはきちんとお読みになられましたでしょうか? 「女性専用車は痴漢対策のために設けられたものだ」と思っていらっしゃるのであれば、そして当会が、「女性専用車両で痴漢件数が減っていないから」という、単にそれだけの理由で女性専用車の廃止を主張していると思っていらっしゃるのであれば、それは大きな間違いであると申し上げておきます。
●性別:男性
●女性専用車両が作られたのは、ある意味男性を守る為でもあるわけです。
女性専用車両に詰め掛けるなどもってのほかです。
あなたたちは痴漢冤罪を増やすおつもりですか?
痴漢がしたいですか?
そう捉えられても仕方ありませんよ。
だいたい、自分たちの主張をもっと広めたいのなら、まずは会自体の名前を「男性専用車両を希望する会」などとしてはいかがですか?
会の名前自体が大変誤解を与え、冤罪被害にあった人間にしてみれば、不愉快にすぎませんよ。

では、女性専用車によって痴漢冤罪が何件減ったのか、何%減ったのか、具体的な数字は出せますか? 恐らく出せないと思いますが・・・
逆に女性専用車導入後も痴漢が減らなかった、あるいは逆に増えたという数字なら、当方、多数持ちあわせております。そしてその証拠となる資料も当方で保存しております。(痴漢が減っていないということは、痴漢冤罪も減っていないということです。「痴漢件数が増えていても冤罪は防げているはずだ」というなら、その根拠も示す必要があるでしょう。)
「女性専用車が出来れば女性がほとんど全てそちらに行くはず」と、何の根拠もなく思い込まれているのではないでしょうか?

また、「痴漢がしたいですか?そう捉えられても仕方ありませんよ。」とのことですが、何を言っておられるのでしょうか?
痴漢がしたいのなら、女性専用車があっても一般車両でいくらでも出来るわけですから、「女性専用車に反対=痴漢がしたいからだろう」というのも大間違いです。(女性専用車導入後も多くの路線で痴漢件数が減っていないというデータからも、それは明白でしょう) 私達は痴漢がしたいからではなく、「痴漢対策にかこつけているだけで、実際には政治目的に利用されている女性専用車に反対している」のです。当会にご意見されるのは結構ですが、もう少し現実を良く見てご意見していただきたいものだと思います。

●性別:女性
●こんにちは。
女性専用車両は、自意識過剰で話の通じない女の人達が乗っているところだと思います。
以前、女性専用車両に乗ってみたところ、電車内が満員で避けようがないのに、ぶつかると肘で押してきたり、足を踏まれたりしました。
女性専用車両はどちらかというと、痴漢の冤罪や、車両内でのトラブルから男性を守るためのものだと思うのですがどうでしょうか。

当会HPでも再三述べておりますように、女性専用車両は痴漢冤罪対策にはなりません。女性専用車があっても女性客の多くは一般車両を利用しており、また、女性専用車設置により一般車両の混雑が増しているため、むしろ逆効果だと思われます。
●性別:女性
●おそらく痴漢にあった人でなければ分からないのかと思います。
また、満員電車の中、知らない男性と密着しなければならない環境はとても耐えがたいものです。
女性専用車両を反対するなら、男性専用車両も一両導入していただくような運動のい方がよいのではないかと思います。
確かに、女性ということを武器に人権だの何だの言うのは筋違いと私も思います。
ただ、異性恐怖症というどうしても避けられない方も男女問わずいらっしゃるかと思います。
なので、女性専用車両で確かっている人もいるわけですし、もう少し広い心で見守ってくれればと思います

そもそも女性専用車両自体、痴漢対策ではありませんが・・・ 女性専用車両が痴漢被害者のためにやむなく設けられたものであれば、私たちもわざわざ団体を立ち上げてまで反対運動を行ったりはいたしません。また異性恐怖症で電車にも乗れないという人がいるのなら、それは「治療」するべきことであり、公共の場所に「女性専用」を設けて対処するべきことではありません。
●性別:男性
●初めまして、突然の投稿失礼いたします。
私は都内で会社員をしております○○と申します。
御会の事はインターネットでのニュースサイトより拝見し知りました。
確かに御会のご意見通り女性専用車両と通常車両の乗車率の違いから様々な不満が容易に想像出き御会のご意見もまた一理かと存じます。
しかし、そもそも女性専用車両は痴漢被害の多さが社会問題化し被害に会われる女性の為に生れたものです。
こういった背景を考慮しつつ、御会は女性専用車両の廃止を謳われておりますが、痴漢被害の防止・対策として女性専用車両の他に何か具体的な代換案・具体策として何か案はお持ちでしょうか。
女性専用車両を廃止する以上、何か策が必要であると思います。
長文にて失礼いたしますが、ご返信お待ちしております。

「女性専用車は痴漢対策ではない。」 ・・・これが当会の基本的な考え方です。単に乗車率が違うとかいうような、そういう瑣末な理由のみで反対しているのではありません。はっきり申し上げますが、「そもそも女性専用車両は痴漢被害の多さが社会問題化し、被害に逢われる女性のために生まれたものです」 と発言なさっている時点で、女性専用車問題について何も分かっていないと言われても仕方がないと思います。女性専用車両はまず導入ありきで、その導入には政治的圧力が関与しており、痴漢対策などの理由は、「後付け」の口実です。大体、女性専用車両が本当に痴漢対策なら、私達も反対運動など行いません。
また、代案と仰いますが、それならば当会HPの「主義・主張」のページに列記してあるはずです。 先日、JR埼京線で設置された車内監視カメラが大きな成果(痴漢件数6割減)をあげました。そして「車内監視カメラの設置」は当会HPに列記した代替案の中にも書かれています。ご意見投稿なさる前に、当会のHPをきちんとご覧になられましたでしょうか?

●性別:男性
●女性専用車の設置でも痴漢が減っていないと、もしくは増加したと書いてありますが、具体的な証拠もしくは引用があげられていないので、この会の活動の正しさがわかりません。そこを具体的に報告しないのはなぜでしょうか?

当会HPを隅々まできっちりお読みになられましたか? きちんと具体的な事例をいくつも挙げていますが・・・
女性専用車両に反対する会では、新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。女性専用車両について疑問に思っておられる方、不満に思っておられる方、ぜひ当会にお越し下さい。

入会申込フォームよりお待ちしております。

ご意見紹介 - カテゴリートップ - トップページ