カテゴリートップ - トップページ

会則

「女性専用車両に反対する会」会則

第1条(名称及び所在地)
当会は、「女性専用車両に反対する会」と称し、平成15年6月22日に発足する。
会の所在地は代表の住所とする。


第2条(目的)
当会は、女性専用車両の全廃を目的とする。


第3条(会員)
当会の会員として、正会員・仮会員とする。

●正会員は、理事会によって本人確認が取れた会員で、当会ML及び、会員掲示板等、正会員のみが閲覧できる掲示板類に参加することが出来る。
●仮会員は、ネット上から入会を申し込んできた新規入会者など、当会に本人確認の取れていない会員、または何らかの理由で正会員から降格となった会員で、当会MLとは別に設置している仮会員MLにのみ参加することが出来る。


第4条(会員資格の昇格・降格)
当会会員の会員資格の昇格・及び降格についての条件は以下の通りとする。

●新規入会者は、例外として理事会が特に認める場合(正会員の知り合い・公人・有名人などで、かつ理事の2/3以上が正会員としても良いと認める場合)の他は、
原則として仮会員として入会することとし、仮会員から正会員になるには、理事会による本人確認に応じることを条件とする。

●新規に正会員となって1年以内の者、または正会員となって1年以上であっても、ほとんど活動への参加がない者については、理事会の判断により、いつでも仮会員に降格させることが出来る。
また、集会・乗車会等、当会指定の行事に参加しないまま、1年以上経過した正会員については、毎年6・12月に理事会において協議の上、原則として仮会員に降格とする。
但し、仮会員に降格させるべきではないと思われる会員については、理事会の判断で引き続き正会員に留めることが出来るものとする。

●MLに登録しているメールアドレスが変わる場合、当該会員は当会へメールアドレス変更の連絡をしなければならない。ML登録アドレスが受信エラーとなった場合、最初に受信エラーとなった日から1か月以内に、当該会員より何らかの形で当会に連絡がなければ、原則として仮会員に降格とする。ML登録アドレス以外に複数の連絡手段がある場合においても、ML登録しているメールアドレスがエラーとなった場合は、この規定の対象となる。

●集会・乗車会等、当会指定の行事の他、当会の正会員が個人的に企画・設定した乗車会等の活動も、事前に当会メーリングリストで案内を送信し、実施後、参加者名を添えて
メーリングリストで活動報告を行えば、これに参加した者を当会指定の行事に参加したものと同等に扱う。
また、当会と同様の活動を行う他団体の活動に参加した場合についても、理事会が認める場合は、当会指定の行事に参加したものと同等に扱う。

●札幌・福岡など、当会指定の行事が行われていない地域の正会員については、当会指定の行事に参加すること以外にも、地元で個人的に乗車活動を行ったり、電話やメール等、鉄道事業者に何らかの形で抗議活動を行ったことを、当会メーリングリストで報告することにより、当会指定の行事に参加したものと同等に扱う。

●正会員から降格となった仮会員については、原則として当会の行事に参加した場合、正会員に復帰できるものとする。但し、会員より復帰反対の申し出があった場合、理事の2/3の賛成で正会員に復帰できるものとする。


第5条(入会)
当会の目的に賛同し、当会HP上の「入会申込フォーム」より入会の申込をすること、または当会に入会を希望する文書やメールを送付することによって、性別・職業・居住地に関係なく入会できる。
但し、入会時点での年齢が15歳以上(中学生不可)であることを条件とする。
また、入会希望者について、会員より入会反対の申し出があった場合は、理事の2/3の賛成で入会を認める。入会時の正会員・仮会員の区分は第3条(会員)による。


第6条(退会)
会員が退会を希望する文書またはメールを代表に提出した場合、退会とする。また、会員が6ヶ月以上、連続して当会と連絡が取れなくなった場合、原則として自動的に退会扱いとする。但し、理事会が「残留が妥当」と判断した会員については、この限りではない。
再入会の場合は、文書またはメールを当会に提出し、入会申し込みと同様に行う。


第7条(本部・支部)
会員は、自分の意思で所属する本部(支部)を選ぶことが出来るが、会員本人より特に希望がない場合は、新潟・長野・静岡県以東に在住する者は関東本部所属、それ以外は関西本部所属とする。(所属区分地図
--------------------------------------------------------
第7条の2(遠方の活動に参加する場合の補助)
会員が当会の活動に参加するために遠距離を移動する場合、別表に基づいて交通費の補助を行うものとする。
また、理事会の判断で「宿泊が必要」とする場合、宿泊費を別表のとおり補助するものとする。(別表
別表に記載のない地域の会員が活動に参加する場合、その地域からの最も一般的な交通手段の片道運賃を基準に、理事会で話し合い補助額を決定する。


第8条(集会)
会員は所属する本部(支部)に関係なく、当会の全ての集会に参加することが出来る。そして、全ての正会員は審議事項として、集会に決議案を提出することが出来る。
決議案は原則、集会において提出するものとするが、遠隔地に在住の会員や、業務多忙による集会参加不可など、合理的と認められる理由がある場合に限り、MLでの提出も可能とする。
議決権の行使は一つの議題につき、一人一回までとし、理事の3/4以上が議決権を行使した場合、議事が成立したものとする。
議決権を行使した会員全部の過半数の賛成をもって、審議事項可決とする。


第9条(顧問)
当会は、必要に応じて理事会の決定で顧問を設置することが出来る。
顧問は理事会に提案・意見をすることが出来るとする。
また顧問と会員を兼任することは妨げない。


第10条(理事)
理事は、正会員の中から選出され、集会の幹事、会計、報告、会の行事の計画進行等、会の運営に関わる活動を行う。また、理事は自らが所属する本部(支部)の集会には原則として毎回参加することとし、欠席の場合は事前に欠席連絡を入れることとする。理事の任期は最大で2年とするが、代表の任期が切れた時点で理事も改選されるものとする。ただし留任は妨げない。
理事は本人の意思によって辞任することができる。
また理事は、理事会内で過半数の賛成があった場合、及び仮会員に降格となった場合、解任される。

理事会の意思決定について、理事会内で意見が分かれた場合は、代表が期限を定め、それを過ぎても結論が出なければ理事会内で多数決を取ることとする。そして、別条に「2/3以上の賛同」などの規定がない限り、理事の過半数の賛同をもって、それを理事会の意思とする。


第11条(代表)
当会の代表者は、理事の過半数の推薦で決める。
代表の任期は2年とする。ただし、留任はさまたげない。
会員が、会の代表としてふさわしくないと判断した場合、
全ての正会員2/3の賛成があった場合、代表を解任させることができる。


第12条(活動の取り決め)
当会の活動は公序良俗に反しない、合法的なものでなければならない。
当会の会員は性差別をしてはならない。


第13条(除名)
当会の目的達成に著しく支障をもたらした会員、もしくは著しく支障をもたらす恐れのある会員は、理事の過半数の賛成によって除名することができる。ただし、その会員は決議の前に代表に文章を提出することによって理事会に対し弁明することができる。


第14条(MLの配信停止・転送の禁止)
当会の内部情報を外部に漏洩させたり、ML上でトラブルを起こす等、当会内で何らかの問題を起こした会員及び、そのような行為を行う恐れが高いと判断される会員に対しては、理事会の判断でMLの配信停止を行うことが出来るものとする。
なお、緊急を要する場合は、ML管理者または代表個人の判断で、当該会員のML登録を外すことが出来るものとする。但し、その場合は後日、必ず理事会に報告し、その措置が妥当であったかどうかの確認を取ることとする。
また、MLを未配信者に転送してはならない。但し理事会が認めた場合はこの限りではない。


第15条(会則の変更)
当会の会則は、理事の過半数の賛成により変更することができる。


第16条(解散)
当会はその目的を達成した時、又は、会員数が1名となった時は自動的に解散する。


女性専用車両に反対する会では、新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。女性専用車両について疑問に思っておられる方、不満に思っておられる方、ぜひ当会にお越し下さい。

入会申込フォームよりお待ちしております。

カテゴリートップ - トップページ