カテゴリートップ - トップページ

花水木のへや

ごあいさつ

「女性専用車両に反対する会」も様々な活動を重ねて、少しずつ世に認知されてきました。そして、多くの皆様は女性専用車両には男性が反対していると思われているのではないでしょうか。
しかし、当会には女性会員もいます。

私はその数少ない女性会員の一人です。私が専用車に反対する理由を以下にお話しいたします。

反対理由

一つに明らかな男性差別と考えます。

痴漢をする男性はごく一部に過ぎません。多くの常識を持った男性が、一部の不届き
者のためにあたかも痴漢予備軍として公共機関から排除されるのは間違っていると思います。

ごく少数ですが、女性にも痴女はいます。痴女から身を守るために男性専用車両ができて、女性は乗ってはならんとなったらどう思われるでしょうか。
女性専用車両はあまりに安直な無神経な措置だとお分かりになるのではないでしょうか。

二つに、支えあい補い合うべき男女の関係を離反させ悪化させるものだと考えます。

当たり前のように無批判に専用車を受け入れてしまうと、女性たちはうっかり乗り込んできた男性に冷たい視線や時にきつい言葉を投げかけたりします。
お互い何の落ち度もない男女の間に、専用車が憎悪を作ってしまいます。

三つに、専用という言葉は間違いで、本来男性も乗れる任意車両です。

解決策のご提案

優先車両にしたらと言う考えもありますが、私はそれに反対です。

お年寄りや体の不自由な人には自然に席を譲る習慣を家庭でも学校でも教え、優先車
両がなくて人々が思い遣りを持つ状態が理想と考えます。

そして、痴漢対策には、監視カメラや警備員の配備などで対処したらいいと考えま
す。

また、日本の朝夕の車両の異常な過密状態も緩和する工夫が必要とも考えます。
女性専用車両に反対する会では、新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。女性専用車両について疑問に思っておられる方、不満に思っておられる方、ぜひ当会にお越し下さい。

入会申込フォームよりお待ちしております。

カテゴリートップ - トップページ