活動報告 09年12月

■2009年12月 関東本部
JR埼京線非協力乗車会の報告


当会関東本部では、2009年12月にJR埼京線にて非協力乗車会を行いました。
以下、関東本部非協力乗車会に参加したメンバーからの報告です。


朝の埼京線で非協力乗車
多くの乗客の前で不当性を訴える!!

今回は大宮駅始発の7時19分発の埼京線各駅停車新木場行きの先頭車に乗車した。
女性客に対して今回の乗車目的と、
「女性専用車両には誰でも自由に乗れる」という
鉄道会社が隠している本当の事実を周知させる
ため、
参加者の1名に街宣活動で使用しているウィンドブレーカーを着用してもらった。
ホームに整列していると、やはりそのウィンドブレーカーが目立ち、
女性専用車両の前を通り過ぎる多くの男性客の注目を集めた。
女性専用車両付近に駅員が一人いたが、特に声かけはなく、そのまま乗り込んだ。

  
                             大宮駅埼京線ホームにて

私たちが乗り込んでから電車が発車するまでの間、ホームから中年女性が物凄い怖い顔をして、
私たちの方を睨み付けているではないか。
男性が女性専用車両に乗っているのが気に食わないのか、
私たちを勝手に痴漢という犯罪者と決めつけているのか、とにかく睨み続けていた。

それからは何事もなく大宮駅を発車。
車掌は、最近急増している女性車掌であった。
女性車掌は真っ先に女性専用車両の案内放送をする傾向があるが、今回もそうであった。
非常に気分が悪い…。

乗車中も多くの女性客が私たちが出したボードやウィンドブレーカーを見ていて、
無言ながらも我々の主張が伝わっているように感じた。
今回は、特に女性客によるトラブルや声かけ等はなかった。

無事に武蔵浦和駅に到着するが、通勤快速との待ち合わせのため、
私たちが乗っていた各駅停車はしばらく停車する。
つまり、駅員にとっては私たちを排除する絶好の機会というわけだ。
すると…助役が2名、駅のホームで待機しているではないか。

埼京線で通勤している会員によると、普段は武蔵浦和駅の女性専用車両付近に駅員がいることはない。
しかも、停車時間の長い駅で助役クラスが待ち構えていたということは、明らかに誰かが
「通報」したのだ。


  
                                 武蔵浦和駅停車中

          車両の中吊り広告が全て女性向けの同じ広告になっているが、
          これはJR東日本の子会社が企画した
「女性専用車限定広告」である。
          つまり、
JR東日本は女性専用車両を利用して、営利目的の金儲けを企んでいるのだ。
          一体、これのどこが痴漢対策なのか?


中年と背の高い若い助役が来て、「恐れ入ります、女性専用車ですのでご協力をお願いします」といつものパターン。
もうそのセリフ飽きたよ!と思いつつも、「お断りします」「僕たちは痴漢じゃないよ」と対応。
「お願い」という屁理屈ばかりこねているので、ついに怒りが炸裂!!

会員:「男性が乗っていると安心じゃないってこと?」
助役:「そういう方もいらっしゃいます」
会員:「それこそ失礼じゃない」
助役:「犯罪が発生しているのは事実ですので…」
会員:「私が犯罪者だって言いたいの?」
助役:「いいえ、違います」
会員:「じゃあ、なんでこんな事を言うの?」
助役:「皆様に気持ち良く乗っていただきたい…」
会員:「我々は不快なのよ、そんなこと言われると!」
    「男性がいないと安心だなんて言われると、それは痴漢以上に馬鹿にしているよ」
助役:「一つご理解いただけないでしょうか?
会員:「ご理解って、ウソをつかれてどうやってご理解しろって…」
助役:「ウソはついてないですよ」
会員:「女性専用になりますって。何を根拠に女性専用になりますって言ってるの?」
助役:「そういうご利用をお願いしているという事で…」
会員:「じゃあ、ちゃんとそういう風に書きなさいよ!
    任意だけど、男性のご理解ご協力をお願いしますって書けばいいじゃない!」

助役:「まぁ、車内で大きい声を出さないでいただきたいのですが」
会員:「貴方がたが来るからじゃない。、私たちは静かに乗ってるじゃない!」
助役:「ですから、ご協力をお願いしに…」
会員:「だから何でワザワザくるのよ、ご協力をお願いしに!任意なのに!!」


助役は話をすりかえたり、きちんとと回答しなかったりと、相変わらず卑怯な手ばかりを使っている。

公共交通機関なのだから、「誰でもどこの車両に自由に乗れる」というのは当たり前であり、
原則なのにも関わらず、「女性が安心する為に」と言う名目で善良な男性を排除し、
男性が乗れば任意なのにも関わらずわざわざ「お願い」に来る。
助役が2人も来たら普通の男性客なら降りてしまうだろう。
それでは任意ではないし、任意なら利用客のマナーに任せて、注意やお願いしに来ないのが普通だろう。

鉄道会社の決まり文句である「ご理解ご協力」とは、
実際には乗客に
「強制」を促しているのだ。
「ウソの事実」に対して、「ご理解ご協力」をする必要はない!

助役:「そろそろ発車します。今日は時間が無いので」
会員:「何が時間が無いのよ!」
助役:「電車が遅れますので」
会員:「貴方達が来なければ電車スムーズに走っているじゃない!」
    「我々のせいにするなよ!! 電車が遅れる事を!!」
    「我々は国土交通省が乗れると言っているから乗ってるんだよ!!」


向こうから仕掛けてきておきながら、「時間が無い」、「電車が遅れる」と屁理屈ばかり。
鉄道会社が注意やお願いをして来なければ、電車が遅れる事はないのは言うまでもない。

その後は特に何事もなく、一度、私たちは新宿駅で電車から降りたが、
まだ時間があるので、次の電車で大崎駅まで行くことにした。

新宿駅の駅員も私たちが乗ろうとしても手出しできず、問題なく大崎駅まで着き解散した。


当会では、新規入会者を募集しています。
普段、女性専用車両について疑問に思っておられる方、不満に思っておられる方、是非、当会にお越し下さい。
一人ひとりの力は小さくても、集まることによって大きくなって行きます。
皆様のご入会をお待ちいたしております。
入会申込フォームよりお願いいたします。


女性専用車反対オンライン署名も募集しています。

上記の報告を読んで
「女性専用車両はおかしい」と感じた皆様、ぜひ
署名送信フォームよりオンライン署名をお願いいたします。


戻る