名古屋市交・交通事業計画パブリックコメント募集の結果が公表される

名古屋市交通局が、今後の経営計画として、「名古屋市営交通事業経営計画(2015-2018)(案)」をまとめ、今年(2015年)9月30日を期限として
パブリックコメントを募集していたが、その結果が公表された。
http://www.city.nagoya.jp/kotsu/page/0000075741.html

そのうち、女性専用車両についての市民のコメントと、市交通局の考え方は以下の通り。

====================
子どもや女性にも安心してご利用いただける環境づくりについて (31件)

市民意見
・女性専用車両は廃止してほしい。(8件)
・地下鉄の車内にカメラを設置すべきである。(5件)
・東山線以外にも女性専用車両を拡大してほしい。(4件)
・女性は女性専用車両に優先して乗るよう案内してほしい。(2件)
・これ以上女性専用車両を拡大しないでほしい。(2件)
・地下鉄車内のパトロールを行ってほしい。(2件)
・女性専用車両を、車掌のいる車両にしてはどうか。
・女性専用車両を廃止し、代わりに高齢者、妊婦、乳幼児のための車両を作るべきである。
・女性専用車両の拡大は慎重に検討すべきである。
・女性専用車両に色を付けるなど、男性が間違えて乗車してもすぐに気が付くよう工夫してほしい。
・男性専用車両も導入してほしい。
・チャージ機付近に手荷物置場を設置してほしい。
・子どもや女性だけでなく一般の男性にも安心して利用できる環境づくりも忘れないでほしい。
・地域貢献のため、地下鉄駅・市バス営業所を子ども110番事務所としてほしい。

交通局の 考 え 方
子ども、女性、高齢者、障害者、外国人、観光客など、利用者特性にあわせた取り組みを進めることにより、誰もが利用しやすい快適な市バス・ 地下鉄の環境づくりに努めていきます。 女性専用車両は、女性のお客さまに安心して乗車いただけることを目的 として導入したものであり、路線ごとの痴漢被害届出件数などを踏まえて、拡大導入する路線の時間帯・時期を検討していきます。車内カメラの設置には、撮影範囲が限られるなどの制約があることや、多額の費用を要することなどの課題があり、現状では設置は難しいと考えています。

====================