カテゴリートップ - トップページ

2016年8月 福岡・西鉄天神大牟田線
任意確認乗車会の報告

当会では、2016年8月10日に、福岡の西鉄天神大牟田線で非協力乗車を行いました。
今回、「差別ネットワーク」埼玉支部長であるレノン氏が福岡に来られたため、当会の福岡地区メンバーとともに実施することにしたものです。

以下、当日の報告です。

車掌や乗客から声掛け
本社も認める「任意協力」を、「勝手なルール」などと言う車掌も

久留米〜小郡

乗車列車その1
【列車番号】急行G070
【乗車区間】久留米(7:32)→小郡(7:41)
【乗車車両】6702(6055F+6702F)

久留米7:32発、福岡(天神)行の急行に乗車する予定にしていたのですが、少し時間があったので、久留米駅を出ていく女性専用車付きの福岡方面行列車の乗車率を観察していました。どの列車も女性専用車のほうがすいている印象。また駅では、女性専用車のある列車が来るたび、必ず一回女性専用車のアナウンスをしていました。

しばらくして7:32発の急行が到着したので、最後尾の女性専用車に乗車。

途中、宮の陣駅では、階段がホーム最後尾(大牟田寄り)一カ所しかなく、そこに女性専用車が停まるため、男性客は否応なく一両分余計に歩かされる恰好になっています。また、甘木線との乗換駅でもあり、甘木線からの乗客も、その階段を通ってしか福岡行に乗り換えられないので、やはり一両分余計に歩く格好で、かつて、関東の東急東横線の菊名駅で大きな問題となった、「菊名問題」を彷彿とさせるものがあります。

もっとも、今回乗車したこの列車は、甘木線との連絡時間に比較的余裕があるのですが、他の列車はどうなんでしょうか?連絡時間に余裕がないと、駆け込み乗車を誘発しそうです

列車は宮の陣を発車。発車後に車掌が声をかけてくるかと思ったのですが、結局車掌や乗客などからの声掛けはなく、そのまま無事に小郡に到着。

ここで、自由が丘作戦(任意周知のための後続列車乗り換え)のため、下車。


小郡〜二日市

乗車列車その2
【列車番号】急行H072
【乗車区間】小郡(7:52)→二日市(8:07)
【乗車車両】5136(編成不明+5136F)


※この動画は当日の参加者がアップしたものであり、参加者から許可を取って掲載しています

朝の通勤時であることや、小郡がそれなりに大きな駅であることなどから、この駅から乗客もやはりそれなりに多いですが、やはりこの列車でも、最後尾の女性専用車両は比較的乗客が少ない状態でした。

乗車した際に女性客が声掛けしてきたが、レノン氏が反論。女性客はそれ以上何も言って来ませんでしたが、それだけかと思ったら今度は、車掌が乗客の間をかいくぐって私達のところまでわざわざやってきて、(次の停車駅である)三国が丘で前の車両に移動してくださいなどと言ってきたが、もちろん拒否。

しばらくして到着した三国が丘では何事もなかったが、その先の筑紫では乗務所(筑紫駅には乗務所が併設されている)の助役による声掛けがありました。これはどう見ても、車掌が無線で通報して乗務所に手配が入ったのだと思われます。
またこの車掌、私達が乗車していたからか、停車駅を発車するごとにしつこく女性専用車アナウンスをしていました。

やがて列車は二日市駅に到着、私達はここでも自由が丘作戦を取ることにしました。


二日市〜福岡(天神)

乗車列車その3
【列車番号】急行K080
【乗車区間】二日市(8:15)→福岡(天神)(8:36)
【乗車車両】5103(5007F+5103F)

西鉄二日市駅に入ってくる、二日市始発の急行。(ホームから撮影)


西鉄二日市では、ここ始発の急行がたまたまあり、自由が丘作戦には都合が良かった。しばらく待っていると、ホームに列車が入線し、私達は最後部のドアから乗車した。

発車までまだ少々時間があり、列車は二日市駅でしばらく停車。

二日市停車中に、車掌がひとしきりアナウンスをした後、車掌室から出てきて私達に声掛け。一旦引っ込んだ後、再度声掛けをしてきたが、その際、私達が「女性専用車両は任意協力である」ことを言うと、「それはそっちの勝手な決まり」 と車掌が発言した。本社も任意協力と認めているものを、「勝手なルール」とは・・・ これは失言だと言われても仕方がないだろう。

以下その際のやり取り。

車掌:ちょっとすみません、最後尾一両女性専用車両となっておりますので、恐れ入りますが前のほうへ行ってもらえますか。

(一同無視するが、しばらくして車掌が再度声をかけてくる)

車掌:あ、申し訳ありません。ここ女性専用車両となっておりますので・・・
レノン:そういう名前の車両だということは知っていますが

福岡地区会員Y(以下Y):だけどまあ、(車両に女性専用車の)ステッカー貼ってないけど、ここにこういうステッカー貼ってるからといっても(=貼っていたとしても)意味ないでしょう。男性の協力で成り立っている車両なんですから・・・

車掌:申しわけありませんが協力願えますか。

Y:ご協力願えますかって言ったって・・・
ご協力願っているんだから(=強制ではなく、お願いに過ぎないのだから)協力しないということも成り立つんであって・・・


車掌:そういう、それはそっちの勝手な決まりでありますので・・・

Y:勝手な決まり!?
勝手な決まりというのはどういうこと? 本社に行っても「乗れる」って聞いてるよ?? ご協力は願っているとは言ってたけど。


レノン:要するにさ、痴漢に乗ってほしくないというのは分かるんですけど、そうじゃなくて男に見えるからここから退散してくれって話ですか? 私らが男に見えるから?

Y:私らが男に見えるし痴漢だから退散してくれということ?

車掌:いやそういうわけじゃなくて・・・

Y:だったらもう声掛けはしないでほしい。

車掌:わかりました

列車は二日市駅を出て、その後、下大利に到着した際、乗車してきた女性客から「ここ女性専用車です」と声掛けがありましたが、「知ってます」と返すとそれ以上何も言ってきませんでした。さらに進んで福岡市内に近づくにつれ混雑も徐々に激しくなってきました。
そして大橋で車掌からの連絡を受けたのか、駅の助役(大橋駅勤務となる福岡管理駅の助役と思われるが詳細不明)による声掛けがありました。


※この動画は当日の参加者がアップしたものであり、参加者から許可を取って掲載しています

何度声をかけても、私達は「任意」であることを知っているから降りるつもりはないし無駄なのに・・・ と思いつつも、要は女性客への、「私達はちゃんと仕事しています」アピールなのでしょうね。強制できないものを、「女性専用」などと称して強制的なもののように見せかけて運行するからこういうことをしなければならなくなるわけで、全くおかしな話だと思う。

結局、その後は何もなく、福岡(天神)駅に到着しました。


女性専用車両に反対する会では、新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。女性専用車両について疑問に思っておられる方、不満に思っておられる方、ぜひ当会にお越し下さい。
(西鉄沿線の方、入会お待ちいたしております)
入会申込フォームよりお願いいたします。

カテゴリートップ - トップページ