カテゴリートップ - トップページ

2019年8月 関東本部・京王線
任意確認乗車会の報告

「反対する会」関東本部では、2019年8月26日の夜、京王線で任意確認乗車会を行いました。
今回、警備員や駅員・乗務員などの声掛けがひどく、それを見て女性客も私達に文句を言ってくるなど、京王側がトラブルを誘発しているような状態でした。どうやら会社のほうが声掛けをするよう、現場に指示しているようです。

以下、その報告です。

女性客や警備員・乗務員からの声掛けが酷い京王
女性専用車両は痴漢対策ではなく、男性を乗せないことが目的の「男性対策」

新宿~調布(先発)

新宿20:26発、準特急橋本行きに乗りました。



乗車しようとしたところ、警備員から「こちら女性専用車となっております」と、声かけがありました。
「知ってます。それがどうかしましたか?」と返すと、
「どうぞ」と返ってきました。

そのあと、我々のあとから乗ってきた女性客が、
「え、なんで男性乗ってるの? 乗れないですよ」と、無知丸出しの声かけをしてきました。
会員:「じゃあ車掌さんに聞いてください

女性客:あなたが聞いてきてよ
会員:いや、乗れないと思っているほうが聞くべきでしょ

そうこうしているうちに発車時刻となりました。発車後も、やはり納得しないのか、しばらくぶつぶつ言っていました。


笹塚では、車掌がわざわざホームへ降りて、待ち合わせしていた急行の車掌ととも声かけにきました(動画では2分27秒あたりから)。

車掌:お客様、これ女性専用車両なのでこちらの車両に乗っていただけませんか ・・・ここ女性専用車両なんで・・・
会員:お客様センターは乗れるって言ってましたけど? やだなあ・・・ そういう事するの・・・
車掌:何か・・・?

ここで2人の車掌は乗務員室へ戻っていきましたが、その際、「抗議乗車」なんていうやり取りが聞こえてきました。我々はただ普通に乗車しているだけで、車内で抗議なんぞしていません。

車掌(や駅員)が余計な声かけをしてくるので、先ほどの女性客が、「モラルがなさすぎ」だの、挙げ句には
「結婚されているんですか?」などと、他人のプライバシーにかかわることを平気で聞いてくる始末。

モラルが無さすぎなのは、他人のプライバシーに関わることを平気で聞いてくるこの女性客のほうですが、自覚が全くない様子。
ちなみに、任意確認乗車する会員の中には既婚者もいるのですが、女性専用車両賛成派は、「女性専用車両に反対=もてない男」という固定観念でしかものを見ることが出来ない傾向があります。さらに賛成派は「鉄道は公共交通機関」という意識がない傾向もあります。
だから車内トラブルの原因となる、赤の他人に向かって失礼極まりない発言を平然とするのです。

明大前で一旦下車して、車掌に問いただしたところ、「会社の指示で声かけをしている」と言っていました(動画4分30秒あたり)。

公共交通機関において、男性を男性であるというだけで排除出来ないのは、まぎれもない事実。
だからこそ鉄道事業者は、「女性専用車両」などと言う、強制力があるかのような名前にしておきながら、実は(専用ではなく)「任意協力」にしておき、それ(任意であること)を隠すなどという、姑息なことをやっているわけで、もし本当に排除できるのなら、今頃、女性専用車両は法的に強制され、男性の乗車は法で取り締まられていることでしょう。

京王は、「徹底的に声かけすれば、完全に男性を排除して事実上、強制に出来る」とでも思っているのでしょうか?
「ウソもつき続ければ真実に・・・」なのかもしれませんね。

明大前から、後続の20:43発準特急橋本行きに乗車。
千歳烏山に到着前に、「多くのお客様がお降りになられます。周りに降りる方がいらっしゃらない場合は、一言お声かけをしてお降りください。車内トラブル防止にご協力をお願いします。」という随分丁寧な車内放送をしました(動画5分05秒あたりから)。

しかし、我々が乗車口を移動し、最後尾から乗ろうとしたところ、やはり声かけしてきました(動画5分40秒あたりから)。
個別の声かけがトラブルを誘発するのに、言ってるそばからトラブルの原因を作ってどうするのでしょうか?

調布到着後は、今回も詰所で一連の出来事について抗議(→講義)しました。


新宿~明大前(後発)

新宿22:07発 準特急、京王八王子行きに乗りました。
乗車時もまた警備員から声かけがありました。



そのあと、今度もやはり後から来た女性から、
「女性の方ですか?」とか、「女性しか乗れないんで」と、これまた勘違いかつ失礼な声かけがありました。

先にも述べた通り、女性専用でもない(任意協力)のに「女性専用」とウソをつくから、こういう女性客が出てくるのです。
こういう女性客は騙せても、我々を騙すことは出来ません。

しかし、これだけ移動する気は無いことを表明していても、さらに発車間際に車掌から声かけがありました(3分40秒あたりから)。

この車掌も、会社からの指示だと言っていましたが(動画4分30秒あたり)、京王は、(現場が)声をかけ続ければ、我々が乗車しなくなると思ってこんな指示をしているのか、あるいは、周りの女性客に対し、「私達(京王)は、きちんと仕事をしているのに、この男性たちが降りないんです・・・」という、遠まわしな言い訳のためなのか。

この後、さらに笹塚でも声かけがありました。こういうところからもこの車両の目的は、(痴漢ではなく)男性を一人も乗せないようにすること、つまりは「男性対策」であるということが分かります。

この日はこの後、別の予定が入っていたため、後発は明大前までにして、ここで乗車は打ち切りました。

さすがに今回は声かけが酷かったため、明大前でホーム上から車掌へ向けて、大きめの声(車内ではマズイが)で任意周知を兼ねて、
「男性乗れると言いなさいよ!」と言っておきました。


(このページを読んでの、ご意見ご感想等はご意見フォームまで)

女性専用車両に反対する会では、新規入会者を随時募集しています。
当会は男女を問わず、さまざまな年齢や立場の会員が在籍しています。女性専用車両について疑問に思っておられる方、不満に思っておられる方、ぜひ当会にお越し下さい。

入会申込フォームよりお待ちしております。

カテゴリートップ - トップページ